テ レビでお馴染み「水戸黄門」。助さん格さんを従え、日本中を旅して弱い庶民を助け、悪代官をこらしめる。だいたいがこの筋書きで8時45分になると印籠が 出てきます。なぜ水戸黄門は日本中を旅したのか?テレビの中でも出てきますが、日本の歴史をまとめる「大日本史」編纂の為でした。
 実際の話、水戸黄門こと徳川光圀の命をうけ助さんのモデルとなった安積澹泊と格さんのモデルとなった佐々介三郎などが各地をおとずれ歴史の検証をした事がこのお話の元になった様です。この黄門様以来270年に渡り水戸藩では「大日本史」の編纂を続けたのです。
  この大事業を成し遂げる為に多くの学者が参加しましたが、もう一方では多くの印刷技術者がいたのです。二鶴堂印刷所の初代、小倉清造 二代 小倉竹次郎は安政から明治に至るまで御用彫刻師として水戸藩に務めました。日本の歴史の一端に加われた事は当社の大きな誇りであります。
 水戸藩のお殿様と同じ様に当社で印刷をしてはいかがでしょうか。


大日本史
 「大日本史」(二鶴堂 小倉竹次郎 版)

会社情報

  株式会社 二鶴堂印刷所
       〒310-0851
      茨城県水戸市千波町2770-4
       TEL 029-243-1388
       FAX 029-243-1389
   メール  net@nikakudo.com
        会社地図(googleマップ)

Topics

【2008/12/02】トップベージ他変更
【2008/09/19】トップベージ他変更
【2008/09/15】 ホームページ準備・改変中【2008/09/13】nikakudo.comドメイン取得